太台本屋 tai-tai books イメージ画像

更新情報

  「住家附近要有什麼才是人生最大的幸福? 我們的答案是一間書店和一家好館子」  家の近所に何があれば人生最大の幸せと言えるでしょうか?  一軒の書店と一軒のいいレストラン、というのが私たちの答えです。台中の細い路地にある「魚麗人文主題書店」は、こんな文言
『本屋で味わう台湾家庭料理/台中「魚麗人文主題書店・魚麗共同厨房」』の画像

今までのイベントや活動事例と、今後の活動予定をご紹介します。 太台本屋 tai-tai booksって何?と思った人は、右のカテゴリー「太台本屋 tai-tai booksとは?」をご覧ください。
『太台本屋 tai-tai books イベント予定はこちら』の画像

前回の誠品書店×島内散歩「温羅汀」ツアーに引き続き、12月22日(日)に行われた「赤峰街」ツアーについてご紹介します。赤峰街は、MRT中山駅から雙連駅までの間に位置しています。よく、鍛冶屋が多かったことから「打鐵街(鍛冶屋街)」と呼ばれていたと説明されますが、実
『誠品書店×島内散歩の街歩きツアー② 赤峰街』の画像

台湾の歴史や文化に基づく、個性的な街歩きツアーを数多く企画する「島内散歩(*1)」が、「誠品書店」とコラボしてツアーをすると聞きつけ、台北の店員Kが二週連続で参加してきました!ツアーは12月14日(土)と22日(日)に行われ、各回20名程の参加者がいらっしゃいまし
『誠品書店×島内散歩の街歩きツアー① 温羅汀』の画像

 嘉義駅の西側には、かつて北港線という台湾糖業公司の鉄道が敷かれていました。嘉義から北港を経由して虎尾に至る路線で、サトウキビの運搬だけでなく、旅客路線としても活躍しました。1982年に廃線となった後、駅があった周辺は、次第に往時の賑わいを失っていきました。
『こだわりの豆腐が食べられる独立書店/嘉義「島呼冊店」』の画像

台湾でも大人気の作家・川本三郎さんが、このたび『「男はつらいよ」を旅する』の台湾版『川本三郎的日本小鎮紀行 日本國民電影『男人真命苦』之旅』(新経典文化)を出版されました。訳者は、我らが太台本屋 tai-tai booksの店長エリーこと黄碧君!ということで、出版を記
『川本三郎さんの茶話会を開きました@青鳥居所』の画像

『星星碼頭』 (仮題:星の波止場)文・張曼娟 絵・陳狐狸出版社:台湾・親子天下 2018年10月刊行 48頁 / 21 x 29.7 x 0.67 cm 8歳の女の子、暁露(シァオルー)に弟が生まれ、お祖母さんは大喜びで、経営している百貨店のお客さんみんなに、お祝いの油飯(炊き込みご飯)を
『【版権ご紹介】張曼娟×陳狐狸『星星碼頭』(絵本/親子天下/2018年)』の画像

『遺恨』 鍾曉陽(ジョン・シャオヤン)2018年 新經典文化出版社 428頁文字数:中文約180,000字「人生若無悔恨,那該多無趣。小說亦然。」 人生において、悔いが少しもないならば、どんなにつまらないことか。  小説も然り。 映画監督 王家衛(ウォン・カーワイ) 推薦
『【版権ご紹介】鍾曉陽『遺恨 REGRETS』(長篇小説、新經典文化、2018年)』の画像

今夏、迪化街に新しい書店ができました。それも二軒同時にオープンです!書店が入るのは、郷藝埕という建物。小藝埕や民藝埕など、迪化街の歴史ある街並みに新しい息吹を吹き込み続ける世代グループによる、9棟目の再生物件です。伝統的な三進式になっていて、二階の一進と二
『迪化街の歴史建築に書店が二軒同時オープン!【台湾ブックスポット訪問】』の画像

↑このページのトップヘ