太台本屋 tai-tai books イメージ画像

2018年04月

『安靜的時間』(Before Sunset、静かな時間) 徐至宏HOM・著、大塊文化・出版、2015年12月 夕方に包まれる台南や台中、台北の路地の風景を絵と文に記録。 まったりとする時の流れに、静かな町の物語に耳を傾ける。 日落黃昏的安靜時分,我喜歡放空的走著,等著一些畫面告訴我
『【版権ご紹介】『安靜的時間』徐至宏HOM(イラストエッセイ)』の画像

『繪本感小物的旅行紀事』(旅先で絵本感小物探し)黄郁欽/文・絵、陶楽蒂/写真 、玉山社出版、2016年5月 絵本作家カップルが日本やヨーロッパなどの旅先で見つかった絵本っぽい物を旅の思い出に、目次に、版画にして、文章と一緒に記録するもの。読みながら、一緒に旅した気
『【版権ご紹介】『繪本感小物的旅行紀事』黄郁欽&陶楽蒂(旅&雑貨のイラストエッセイ)』の画像

『寄自野地的名信片』(野辺からの絵はがき)劉伯樂/文・絵、遠流/出版 台湾の自然と生物、植物の観察、また考察を洗練したエッセイとともに、魅入れるスケッチ水彩絵に記録。台湾の地形や生態系の豊かさと多様性をリアルに感じる一冊。近年鳥観察(バードウオッチング)に
『【版権ご紹介】『寄自野地的名信片』劉伯樂』の画像

店員Nです。『美麗島まで』で知られるノンフィクション作家与那原恵さんの新刊『帰る家もなく』(ボーダーインク)が発売になりました。沖縄にルーツがある与那原さんが、沖縄そして台湾、韓国と旅をするなかで出会った人々、そして両親の記憶、ご自身の幼少期の体験など、今
『二人の女性ドキュメンタリストが綴る台湾との縁--『帰る家もなく』『台湾人生』』の画像

台南・孔子廟脇、「草祭二手書店」の跡に誕生したすてきなブック&ホステル「艸祭Book inn (ツァオジィ ブックイン)。草祭二手書店から引き継いだ4万冊を含む4万8000冊の蔵書に囲まれて泊まれるバックパッカー宿です。第1回のレポートは こちら。第2回は、宿泊施設部分につ
『本に囲まれて眠れるホステル 噂の「艸祭Book Inn」@台南に泊まってきた!(その2)』の画像

台南のメインの観光スポットの一つ、孔子廟のすぐ脇に、「草祭二手書店」という古書店がありました。古い建物の1階の床をぶち抜いて、地下から1階への吹き抜けの壁一面を書棚にする、というユニークな作りが特徴的でした。冷やかしの観光客を排し、本当に本が好きなお客さん
『本に囲まれて眠れるホステル 噂の「艸祭Book Inn」@台南に泊まってきた!(その1)』の画像

↑このページのトップヘ