太台本屋 tai-tai books イメージ画像

2019年06月

 乾物屋や漢方薬局と一緒に、数々の飲食店や雑貨店が立ち並ぶ、人気のお散歩ストリート迪化街のほど近くに、新たな書店が誕生しました。場所は、かつて大稲埕一帯で指折りの製茶工場だった「新芳春茶行」の2階。1934年竣工、2009年に台北市の市定古蹟になった、歴史ある建物
『大稲埕の新芳春茶行に「別境書房」がオープン!【台湾ブックスポット訪問】』の画像

  出版から5年以上経っても、今なお台湾の書店で面陳されている人気のエッセイ『遙遠的冰果室』(行人)が、このたび『台湾レトロ氷菓店 あの頃の甘味と人びとをめぐる旅』としてグラフィック社より刊行されました!著者はハリー・チェンさん、翻訳は太台本屋tai-tai book
『『台湾レトロ氷菓店 あの頃の甘味と人びとをめぐる旅』が刊行されました!』の画像

↑このページのトップヘ